〔スピリチュアル〕5.魂・ソウルメイト

魂(たましい)の記憶~マザー・テレサの言葉より~

魂(たましい)の記憶~マザー・テレサの言葉より~_b0298740_14105365.jpg


転生を繰り返す魂たち

“私たちの魂(たましい)は、愛を学んで転生を繰り返しています。”

今回(7/6)のセミナーは、“想いの世界”のこんなお話から始まります。

たくさんの過去生に触れさせていただいてきた中で、以前もちょっと書いたことがあったのですが、私自身もさまざまな過去生を経験してきていまして、今日は、そのひとつを思い出した、なんていうおはなしをしてみたいと思います。^^

私の魂も、よくあるように、過去生ではいろいろなことをやらかして…経験して…ですね。(笑)
…きています。^^

国はいろいろなんですよ。^^
あるときは小さな商いをしている商人だったり、屋根の上を軽やかに飛び回る、とび職のおじさんだったり、古くはある宗教論争に巻き込まれて荒野で磔(はりつけ)になったり…、これはほんの一部なんですねぇ。

そのさまざまな人生の中に、ヨーロッパのある都市の教会で修道女として神さまを信じ、仕えていたことがあったようです。

その人生は、生涯を大変敬虔(けいけん)なキリスト教徒として生きたのですが、その毎日の映像として、薄暗い地下室と聖堂のような場所、町中を行き来する姿が何度も浮かびます。土地の病気と思われる方々の食料を運んだり、深く祈りを捧げたり、そんな毎日だったと伝わってきます。

今回の私の人生では、特定の宗教を信じているということはないのですが、固有の宗教を超えたところで“この世で生きる”ことについて、“なぜ”とか、“どのように”とか、人の心や命ということをたくさん考える人生になっています。

みんなそうなんですねぇ。
それぞれの人生で学ぶテーマを自分で設計して生まれてきています。


魂の記憶

そんな中で、先日、ふと何かをインターネットで検索しているときに、マザー・テレサさんのある言葉に出会いました。

精神世界について学んだり、心の持ち方や生き方ということについて学んだりする人生に突然変化してきたのは、私が50歳になった頃からだったのですが、その頃、どういうわけか…、こんな書き方をするとアヤシク見えちゃいますけれども…、

(自分の身体を誰かや何かの幸せのために使ってください)

と、本気で天に祈ったことがあるんです。
すべてを委ねます、というような気持ちだったんですねぇ。

そう考えるようになったのは、このお仕事を始めるようになって、自分の意思に関わらず、さまざまな欲が落ちてくるという経験をいたしまして…。自分の脳で考える以外の展開が、この人生で非常に多いと思ったんです。

それがきっかけになっているように思います。本当に不思議なのですが、それまで一番好きだったものがほんの3ヶ月ほどで突然好きでなくなったり(今ではなんと口にしようとも思わなくなりました。)、食や物に対する欲がなくなって、例えば体重がたった1年半で20キロも落ちたり。これは医師にも確認したのですが病気の影響ではないんですねぇ。本当に不思議な現象です。


(すべてを委ねます)

目に見えるものを信じて生きてきた自分には不思議だったのですが、私の魂が過去生の記憶を思い出させるような、何かがあったのかもしれません。

このようなことは、以前から何度か繰り返されていまして、まだ30代の頃、ヨーロッパに研修で訪れたとき、教会の大聖堂で祭壇に近づいてキリストの像を見た瞬間に感極まって(ひとりで)号泣したことから始まりまして、何かで教会に訪れたり、賛美歌を歌ったり、牧師さんの言葉を聴いたりするたびに涙が流れて止まらなくなることがしばしばあります。

心の深いところで、脳が認識しない場所で響いているような、妙な感じなんですねぇ。

今回、マザー・テレサさんの言葉に出会って、やはり心の奥底に響く、不思議な感覚を覚えました。
これが、今の自分に必要なメッセージだったのだと思うのですねぇ。

“つねに謙虚であれ、すべてを天に委ねて人の心に寄り添いなさい”と、未熟な自分への学びとして忘れずにいるようにと、そんな意味なのだと解釈しています。

心に響く、心が大きく動く、感動する、深く感謝する、そのようなことが起きたとき、私たちはこの人生の道筋を知るきっかけや、魂の成長のチャンスをいただいているのですねぇ。

そのマザー・テレサさんの言葉として挙げられていた文章を記しますね。
この言葉は、賛美歌にもなっているようです。

(以下、転載です。)
====================
聖マザーテレサの祈り

主よ、きょう一日、
貧しい人や病んでいる人を助けるために、わたしの手をお望みでしたら
きょう、わたしのこの手をお使いください。
主よ、きょう一日、
友を求める人々を訪れるために、わたしの足をお望みでしたら
きょう、わたしのこの足をお使いください。
主よ、きょう一日、
優しい言葉に飢えている人々と語り合うために、わたしの声をお望みでしたら
きょう、わたしの声をお使いください
主よ、きょう一日、
人は人であるという理由だけでどんな人でも愛するために、
わたしの心をお望みでしたら
きょう、わたしの心をお使いください。
====================

こんな小さな魂の自分にも、何かできることがあると思うのです。
ありがたいですねぇ。
まずは、今、笑顔で生きてみましょうか…。


今日も幸せです。
すべてに感謝します。

7/6のイベント概要はこちらから↓↓↓
当日のセッションは、残り1枠となりました。


7/6のイベントサイトはこちらから。^^ ↓↓↓

☆彡☆彡☆彡
林真弓子のホームページ(PC、スマホ版)はこちらから。(^^)

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*

↑上記フォームよりお問い合わせいただきましたら、私、林真弓子よりご連絡をさせていただきます。
セッションのご依頼は、こちらから。(^^)


もし、システムからお申し込みできない場合には、お問い合わせフォームからご連絡くださいませ。林よりご返信をいたします。(^ ^)
ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*

*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥
Amazonのサイトからご購入可能です。
*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥


今日もお越しくださり、本当にありがとうございます。(^^)
明日も皆さまに、素晴らしい出来事がたくさん起こります(^^)

ありがとうございます。 感謝します…。
では、また…
:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:
林 真弓子

☆霊視によるスピリチュアルセッションのご案内はこちらからどうぞ。☆
↓↓↓
☆“本当のわたし”に還る☆彡エネルギーヒーリングのご案内はこちらからどうぞ。☆
↓↓↓

by mayuchin_sp | 2019-06-26 13:30 | 〔スピリチュアル〕5.魂・ソウルメイト | Comments(0)

林 真弓子(はやしまゆこ)2.15生まれ◆ある人がこの世を去ったことがきっかけとなり霊的感覚が開き、目に見えない力に導かれるように霊視によるヒーリングを行うこととなり、現在に至ります。◆ここに訪れてくださる皆様の心(魂)が穏やかな光に包まれますように。日々の“気付き”を楽しくつぶやいています。


by 林真弓子(MAYUCHIN)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31