〔トリニティ掲載記事〕

〔トリニティ№9〕記事が掲載されました。「どうして生きるのだろう?~誰かを幸せにする小さな種になる。~」

〔トリニティ№9〕記事が掲載されました。「どうして生きるのだろう?~誰かを幸せにする小さな種になる。~」_b0298740_22562233.jpg
2019年1月21日(月)14:17に満月を迎えます。満月は、達成、成就のときです。


こんにちは!
林真弓子です。^^

明後日、21日は、満月です。
今月の次の満月(2月)は、今年もっとも地球に近づくとのことで、今月も2月に次いで近くなりますので、もし見られるようでしたら大きく光もとっても強く、美しい満月が見られる予定です。
月が地球に最も近づくとき、一般的にスーパームーンと言われていますね。
このスーパームーンという言葉は、国立天文台のサイトにはなんと、「定義がはっきりしていない」、と書かれています。
ですので、一般的に「とても大きな満月」ぐらいの意味で使われているとか…。(^^)
とはいえ、月自体のパワーはとても強くなってきます。
自分が実践してきたことが達成されたり、夢が形となりやすかったりしますし、何かを手放したり、もちろんパワーストーンの浄化にも良いタイミングですので、自分の直感に尋ねて、月のパワーを受け取って、一番したいことをしてみてくださいね。^^


〔トリニティWeb〕に記事が掲載されました。

TRINITY〜女性誌&ウェブマガジン〜に、記事が掲載されました。



このブログでも、「この世で生きるというのはとっても大変」というような内容の記事をたびたび書かせていただいていますけれども、本当に、「どうして生きているんだろう」と思うようなことがたびたび起きてきます。

この世で生きるための人生の“問題集”です。
その問題集は、そのときの自分にとって、とてもつらいものであったり、さまざまな感覚や感動が伴うものであったりします。

その都度、私たちは、「ね、どうする? どんな道を選ぶ?」と天に尋ねられているように、一生懸命にその問題集に取り組んでいきます。

その中で、生きるという意味がわからなくなってしまうようなこともありますね。
問題集は、自分の魂がこの人生で解くと決めてきたものです。
ですから、必ず解くことができます。

自分がここに存在しているだけで、この世の何かが変化しています。
小さくて、かわいらしい魂ですけれど、その一つひとつの魂がこの肉体を持って経験すること、そしてこの世で生きる意味がある。
そんなことを書いています。^^

もしよろしければ覗いてみてくださいね。

今日も幸せです。
すべてに感謝します。


☆彡☆彡☆彡
林真弓子のホームページ(PC、スマホ版)はこちらから。(^^)

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*
■■林真弓子へのお問い合わせフォーム■■
上記フォームよりお問い合わせいただきましたら、私、林真弓子よりご連絡をさせていただきます。
セッションのご依頼もこちらからで大丈夫です。(^^)
ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*

*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥
〔トリニティ№9〕記事が掲載されました。「どうして生きるのだろう?~誰かを幸せにする小さな種になる。~」_b0298740_23212787.jpg
↓↓↓
*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥

今日もお越しくださり、本当にありがとうございます。(^^)
明日も皆さまに、素晴らしい出来事がたくさん起こります(^^)

ありがとうございます。 感謝します…。
では、また…
:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:
林 真弓子

☆霊視によるスピリチュアルセッションのご案内はこちらからどうぞ。☆
↓↓↓
☆“本当のわたし”に還る☆彡エネルギーヒーリングのご案内はこちらからどうぞ。☆
↓↓↓


====================





by mayuchin_sp | 2019-01-19 22:36 | 〔トリニティ掲載記事〕 | Comments(0)

林 真弓子(はやしまゆこ)2.15生まれ◆ある人がこの世を去ったことがきっかけとなり霊的感覚が開き、目に見えない力に導かれるように霊視によるヒーリングを行うこととなり、現在に至ります。◆ここに訪れてくださる皆様の心(魂)が穏やかな光に包まれますように。日々の“気付き”を楽しくつぶやいています。


by 林真弓子(MAYUCHIN)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31