〔スピリチュアル〕2.人生・お役目

“起きたこと”の感じ方~への字で嘆く? 笑顔で踏ん張る?~

“起きたこと”の感じ方~への字で嘆く? 笑顔で踏ん張る?~_b0298740_13481881.jpg

普段の生活の中で、嬉しいこと、楽しいこと
もあれば、嫌なこと、強いショックを受ける
ような辛いことや悲しいことが起きることも
ありますね。(^^)

私たちは、それらの出来事に対して、いろい
ろと心を動かしながら(動かされながら)生
きています。

例えば、心が潰れそうに辛いときには、自分
の目の前に降りてきた問題集に、自分の人生
で最も良くないことが起きた、と感じたり、
先が見えず、真っ暗な気分になってしまうこ
ともあるかもしれません。

この問題集、もちろん、自分が生まれてくる
前に自分で設計してきていますので、必ず解
けますし、解いてなんぼのものなんです。
(^_^)

辛いとき、本当に耐えがたいような辛さを経
験しているときには、生きていくのもしんど
くて、もうだめだ、なんて思うこともありま
す。

でもね、この辛さ、実は、いろんなことに繋
がっているのです。(^_^)

私たちの“未来”はたくさんあります。

この出来事を最悪と捉えて、口をへの字にし
て今を嘆き続ければ、そのような未来に向か
いますし、“何かいいことに繋がっているん
だ”と思って笑顔で踏ん張れば、そのような
未来が待っています。

昨日、すべては想いから、ということを書い
たのですが、こんなふうにしんどいときに、
どんな想いを持つか、というのが大切な学び
のひとつなんです。

辛い経験も、魂の学びという意味では必要な
ことなのですね。

これがなくては、私たちの魂は成長できない
のですし、そのためにこの世に生まれてきて
いるんですねぇ。

それを知っているのと知らないのとでは、そ
の後の未来が全く違ってきちゃうのです。
(^_^)

この辛さは必ず越えられます。

そして、それは、自分の良き未来、幸せな未
来に必ず繋がっているのです。

だから大丈夫なんです。

夢も希望もない、なんて思わないんですよ。
(^_^)
どんなときでも、“ある”んです。

今の辛さ、悲しみ、苦しさは、私の幸せな未
来に繋がっている。

“終わり”でもなければ“ゴール”でもない
んです。そう“想う”ことが、自分の望む未
来をつかむために、ずっとずっと近道なんで
す。

辛い気持ち、悲しい気持ち、苦しい気持ちは
私たちを護ってくれている存在に、

<自分ががんばれるところまで楽にしてくだ
さい>

と、本気で“注文”してみましょうか。
(^_^)

守護の方、天使たちは、私たちがエゴや欲を
捨てて本気で“注文”したり、“お願い”し
たりしたときには、喜んで叶えてくれるんで
す。
優しいんです。本当に。(^^)

“がんばってやろーじゃないの!”

女性は強いんです。(笑)
あ…、もちろん男性も…。(笑)


今日も素敵な一日です。
明日も明後日もずっとずっと良き日です。

すべてに感謝します。

☆彡☆彡☆彡
林真弓子のホームページ(PC、スマホ版)は
こちらから。(^^)

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*
■■林真弓子へのお問い合わせフォーム■■
上記フォームよりお問い合わせいただきま
したら、私、林真弓子よりご連絡をさせてい
ただきます。
セッションのご依頼もこちらからで大丈夫
です。(^^)
ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽
にお問い合わせくださいませ。
☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*

今日もお越しくださり、本当にありがとう
ございます。(^^)
明日も皆さまに、素晴らしい出来事が
たくさん起こります(^^)

ありがとうございます。 感謝します…。
では、また…
:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:
林 真弓子

====================
====================





by mayuchin_sp | 2015-11-20 13:37 | 〔スピリチュアル〕2.人生・お役目 | Comments(0)

林 真弓子(はやしまゆこ)2.15生まれ◆ある人がこの世を去ったことがきっかけとなり霊的感覚が開き、目に見えない力に導かれるように霊視によるヒーリングを行うこととなり、現在に至ります。◆ここに訪れてくださる皆様の心(魂)が穏やかな光に包まれますように。日々の“気付き”を楽しくつぶやいています。


by 林真弓子(MAYUCHIN)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31