〔記事〕スピリチュアル

命の期限を考えたとき。~病のとき~

命の期限を考えたとき。~病のとき~_b0298740_14232574.jpg

近頃、よくテレビや雑誌などのメディアで、
病気に関する話題が取り上げられていま
す。

さまざまな情報が飛び交っていますが、自分
にとって良い情報を選択して取り込んでいき
たいものですねぇ。

ということで、今日は病について、ちょっと
書いてみようかと思うのです。
自分の経験も含めて書いていますが、もちろ
ん人それぞれですし、環境によっても感じ方
は異なってきますので、参考としてご覧いた
だければ幸いです。

病に出会ったとき、中でも命に関わるような
病だったことを告げられたとき。

おそらく多くの人は、人生が終わってしまう
ような衝撃を受けるのではないかと思いま
す。
それは、非常に強い恐怖感で、孤独で、不安
で、頭が真っ白になって、そして恐らく、こ
れまで生きてきた中で最も、命ということ、
死ということ、一緒に生きている人たちのこ
とを考える機会となります。

検査までの間、そして検査中、その検査結果
を聞くまでの結構長い時間は、たくさんのエ
ネルギーと、勇気を持たざるを得ないもので
すが、その上でさらにこのような厳しい精神
状態に追い込まれます。

そのように、恐怖や孤独で気が狂いそうにな
るときに救ってくれるのが、あったかい言葉
であったり、希望を感じさせてくれる言葉だ
ったりします。

言葉のパワーなんですねぇ。

周りの人とは、主治医かもしれないし、身近
な家族、友人かもしれません。検査結果がど
のようなものでも、その人の心の持ち方次第
で、その人の生きる力は奇跡を起こします。

だから、《希望を与え続けること》が、一番
大切なことだと思うんです。

心配そうな顔よりも笑顔を、そして、
“大丈夫。”(^^)という言葉を。

大丈夫に決まっているんです。
そんな気持ちが大事なんです。

例えば、5年生存率なんて言葉がありますが
あれは、あくまでも統計でしかないのですね
ぇ。
サンプルとなっている患者さんの年齢層も違
う、環境も違う、何より本人の意識の持ち方
も違う。
(個人的にはこの、意識の部分が一番大きい
と思うんです。)

そして、この数値の中には、5年生きない人
もいれば、その後もずっと生きている人もい
るのです。
さらに、生存のデータは、治療を続けている
人しか得られませんので、治療を終了した方
の生存情報まで追えているとも思えません。

…ということは、生存率はもっと上がるはず
ですよねぇ。(^^)
そんな数字なんです。

忘れてはならないことがあります。

必ずその数値以外の方がいる。
さらには例外ケースも多数存在しているとい
うことなんです。

まず必要なのは、この“○年”という数字に
とらわれないことです。

命の期限を自分で作ってしまわないことなん
です。
○年、と聞いた瞬間に、頭にはこの数字が強
烈にインプットされますね。
そうすると、脳や心は○年に向かって進み始
めるんです。
そんなの忘れていいんです。(^_^)

人の寿命は大きくは自分で決めてきますが、
その心の在り方によって前後します。

ましてや、そのときが寿命なのかなんて、自
分にも、医師にも、家族にもわかりません。

ね、だから、そんな数字にとらわれてしまう
って、とってももったいない話だと思うんで
す。(^_^)

120歳まで元気で生きる。(^_^)

そこまで生きたいのかということは置いてお
いて、そのくらいでちょうどいいかもしれま
せんねぇ。

私は、さらに、そのときのイメージもしてし
まいました。すごく具体的に。(笑)

幸せな120歳を、です。(笑)

そして、周りの人は、まず、病に立ち向かっ
ている人にマイナスの言葉を使わないことが
大事なんです。

たった一言が、がんばる気力を奪うこともあ
るんです。

根拠なんてなくていいのですねぇ。
だって、何年、などという、その数字そのも
のの根拠が、自分に当てはまるかどうかだっ
て、お医者さまだって知らないんですもの。

大丈夫だと思うこと。

病気であることを忘れること。

人は、今日、今、生きていることが“奇跡”
なんです。

辛い治療にくじけそうになったら、これが終
わったら、嬉しくて気持ちいい毎日が待って
いる。

できたら、そんなことに集中してみましょう
か。難しかったら、お笑いを観たり、聴いた
りしてもいいんです。(^_^)

楽に、ゆるゆる、笑顔でいること。
できるだけ好きなこと、楽しいことを見つけ
てみましょう。(^_^)

今世で、病に出会ったことにも意味がありま
す。

命の大切さを学び、1日を大切に生きること
知ります。

人の辛さがわかるようになります。

同じ思いをしている人に寄り添う心(愛)が
生まれます。。

たくさんの優しさを受け取り、その優しさを
与えられる自分になります。

今日、生かしていただいている、なんでもな
い、いろんなことに自然に感謝できるように
なります。

凄いことですよねぇ。

だから、自分をうんと褒めてくださいね。
(^_^)

本当にありがたいことです。

人生はまだまだ続きますよ。
そして、楽しい人生は、自分がつくるんです
ねぇ。

大丈夫。

だって、越えられない問題集は降りてこない
んですもの。

病に立ち向かう人も、支える人も、心から、
精一杯、応援していますね。(^_^)


今日も明日も、ずっとずっと幸せです。
すべてに感謝します。

☆彡☆彡☆彡
林真弓子のホームページ(PC、スマホ版)は
こちらから。(^^)

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*
■■林真弓子へのお問い合わせフォーム■■

上記フォームよりお問い合わせいただきま
したら、私、林真弓子よりご連絡をさせてい
ただきます。
ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽
にお問い合わせくださいませ。
☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*

今日もお越しくださり、本当にありがとう
ございます。(^^)
明日も皆さまに、素晴らしい出来事が
たくさん起こります(^^)

ありがとうございます。 感謝します…。
では、また…
:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:
林 真弓子




====================
====================

by mayuchin_sp | 2015-10-25 23:59 | 〔記事〕スピリチュアル | Comments(0)

林 真弓子(はやしまゆこ)2.15生まれ◆ある人がこの世を去ったことがきっかけとなり霊的感覚が開き、目に見えない力に導かれるように霊視によるヒーリングを行うこととなり、現在に至ります。◆ここに訪れてくださる皆様の心(魂)が穏やかな光に包まれますように。日々の“気付き”を楽しくつぶやいています。


by 林真弓子(MAYUCHIN)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31