〔記事〕スピリチュアル

不安や恐れの感情に支配されそうなとき。~強く輝く自分になるために~

不安や恐れの感情に支配されそうなとき。~強く輝く自分になるために~_b0298740_14035172.jpg


明日が不安で仕方がなくなる、そんな経験を
された方もいらっしゃると思います。

原因はさまざまて、はっきりわかっているこ
ともあり、また、思い当たるほどのこともな
かったり。

そんなとき、私たちの心の光はとても弱々し
く光っています。

不安や恐れに心を奪われているとき、それ以
外のことに意識を向けることは、なかなかで
きないものですけれど、このような状況を継
続することは、自分のこれからの人生にとっ
て、まず良い影響はないのです。

不安や恐れの感情に支配されそうになるとき
私たちは、強くなることを求められているの
ですねぇ。

自分を愛すること、そして、自分の心を光に
向かって燃え立たせること。

これらの感情からまず抜け出すために必要な
のは、一時的にでも環境を変えてみることで
あったりします。

動きたくなくても、外に出てみる。

そして、守護の方に“この不安を取り去って
下さい”と願ってみます。

自然の風を感じながら、木々や緑の葉を眺め
ながら、一歩一歩、歩いているうちに、一時
期の辛い状況が少し楽になっていることに気
づきます。

私たちは、毎日、とてもとてもがんばってい
るんです。たとえ泣きたいことがあっても、
我慢して、一生懸命に生きています。

そんな強さを持っています。

私たちは、みんなここに存在している必要が
あるんです。そして、こんなにがんばってい
る自分は、凄いんです。
愛しいし、とても可愛いですよねぇ。

明日の心配なんて、する必要はないんです。
まだ何にも起きていないんですもん。
何かが起きてから考えればいいんです。
(^^)
それに、たとえ何かが起きたとしても、私た
ちは、必ずそれを乗り越えることができるん
です。

自分の心を光に向かって燃え立たせるために
私たちが強くなるために、私たちを常に応援
してくれている、たくさんの目に見えない存
在たちがいます。

不安な気持ちがよぎったら、その存在たちを
心に感じながら、まず笑顔を作って、強い気
持ちで振り払う。

明日の不安より、今、どうやって楽しむかを
考える。思いっきりハンドルをプラスに切っ
てみる。

そんなことを繰り返しているうちに、自分が
“変化してきた”ってことに気づくときがき
ます。

大丈夫。(^^)

これまでも、自分の魂の成長のステップに合
わせて、ちゃんと越えてきたんですもの。

そしてね、自分が光に向かって“変化”する
と、これまで嫌だと思っていたことだって、
気にならなくなっちゃうんです。

優しく、強く、もっと輝く自分に変化してい
く。

楽しみじゃないですか。(^^)
そして、とっても素敵なことだと思うんで
す。

そこに向かって、ずんずん歩いていきましょ
うか。

自分が“変化”すると、自分だけでなく、そ
れ以外のことも同時に変化してきますよ。
(^^)


今日も幸せです。
すべてに感謝します。

☆彡☆彡☆彡
林真弓子のホームページ(PC、スマホ版)は
こちらから。(^^)

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*
■■林真弓子へのお問い合わせフォーム■■

上記フォームよりお問い合わせいただきま
したら、私、林真弓子よりご連絡をさせてい
ただきます。
ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽
にお問い合わせくださいませ。
☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*

今日もお越しくださり、本当にありがとう
ございます。(^^)
明日も皆さまに、素晴らしい出来事が
たくさん起こります(^^)

ありがとうございます。 感謝します…。
では、また…
:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:
林 真弓子




====================
====================

by mayuchin_sp | 2015-08-29 23:59 | 〔記事〕スピリチュアル | Comments(0)

林 真弓子(はやしまゆこ)2.15生まれ◆ある人がこの世を去ったことがきっかけとなり霊的感覚が開き、目に見えない力に導かれるように霊視によるヒーリングを行うこととなり、現在に至ります。◆ここに訪れてくださる皆様の心(魂)が穏やかな光に包まれますように。日々の“気付き”を楽しくつぶやいています。


by 林真弓子(MAYUCHIN)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31