〔スピリチュアル〕1.想いの世界・法則

人の“想念”が創り出すもの。~永遠の光の中に生きるために~

人の“想念”が創り出すもの。~永遠の光の中に生きるために~_b0298740_22140740.jpg


この世は人の想念でできています。

想いは現実化します。

そのようなことをセッションや勉強会などで
お話しすることがあります。

目に見えない想念がさまざまな人や物、出来
事を引き寄せるということを、頭では理解し
ていても、なかなか感じたり、信じたりとい
うことはできないかもしれません。(^^)

ですから、“波長を上げましょう”とか、
“マイナスの想いを継続しないようにしまし
ょう”などと言っても、なかなか実践できな
いものなのですねぇ。

これらの“想い”“感情”は、それが自分か
ら放射されたとき、その波動に合った仕事を
します。

スピリチュアル的に表現すると、“自分自身
の分身(念霊)”を作り出す、などと言いま
す。

以前も少しご紹介したことのある、高級霊
ホワイトイーグルの言葉を借りてみましょう
か。(^^)

「激烈な感情を出す人は、奇怪な生き物を創
出します。そういう激情からは、皆さんの言
う小さな「魔もの」たちがたくさん生み出さ
れるからです。(中略) 人は意気消沈して
も、自分にまとい付く念霊を創出します。

同じことですが、調和のある良い想念は、
優しい美しい幸福な小人たちを創出します。
彼らは本人のために、またその人の周囲の人
たちのために働いてくれます。」

どうでしょう?
イメージできたでしょうか?(^^)

人の“想い”“感情”には、それだけのパワ
ーがあるのです。

とはいえ、私たちの魂の成長の過程には、
どうしようもなくイライラすることもあり
ます。

泣きたくなることも、落ち込んでしまうこと
も、妬んでみたくなることだってあります。

そんな気持ちがあって当たり前ですし、それ
を否定したり、自分を責めたりする必要はな
いんです。(^^)

それがあるから成長できるのですし、そんな
感情にどうやって克つかというところを試さ
れ、学んでいるのですねぇ。

そんなふうに感じる自分を認めたり、受け入
れたりしながら、少しずつ成長していけるん
です。(^^)

“優しい美しい幸福な小人たち”を自分か
ら作り出す、そんなことを思い出してイメー
ジできたら、何かが起きたとき、愛や感謝や
優しさをもって、目の前に降りてきた問題集
に取り組むことができるかもしれませんね。

最後に、前述の高級霊ホワイトイーグルの
言葉から、私の大好きな一節をご紹介いたし
ますね。

「幸いであれ、皆さん。喜びによって満たさ
れ、光の中を真直ぐに見つめなされ。一直線
に、愛である黄金の心臓に向かってお進みな
さい。すべてはよしと、こう知りなさい。

かの金色の永遠の光の中に生き、活動をつづ
けなさい。されば、何一つ皆さんを犯すもの
はない。

ただ一つの実在は光、神、愛です。」

「ホワイト・イーグルの霊示 天使と妖精」
グレース・クック、桑原啓善訳 より


今日も幸せです。
明日も幸せです。
すべてに感謝します。

☆彡☆彡☆彡
林真弓子のホームページ(PC、スマホ版)は
こちらから。(^^)

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*
■■林真弓子へのお問い合わせフォーム■■

上記フォームよりお問い合わせいただきま
したら、私、林真弓子よりご連絡をさせてい
ただきます。
ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽
にお問い合わせくださいませ。
☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*

今日もお越しくださり、本当にありがとう
ございます。(^^)
明日も皆さまに、素晴らしい出来事が
たくさん起こります(^^)

ありがとうございます。 感謝します…。
では、また…
:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:
林 真弓子




====================
====================

by mayuchin_sp | 2015-08-17 21:55 | 〔スピリチュアル〕1.想いの世界・法則 | Comments(0)

林 真弓子(はやしまゆこ)2.15生まれ◆ある人がこの世を去ったことがきっかけとなり霊的感覚が開き、目に見えない力に導かれるように霊視によるヒーリングを行うこととなり、現在に至ります。◆ここに訪れてくださる皆様の心(魂)が穏やかな光に包まれますように。日々の“気付き”を楽しくつぶやいています。


by 林真弓子(MAYUCHIN)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31