〔記事〕スピリチュアル

お母さん大好き!~小学校受験、本番の前に。~

お母さん大好き!~小学校受験、本番の前に。~_b0298740_14344734.jpg

今日は、子供の教育のことなど少し・・・。
^^
11月1日、東京での私立小学校受験が始ま
ります。
関東では10月から神奈川、千葉、埼玉の学
校の試験が始まっていますので、10月に入
るともう、塾でも家でも緊張感が半端ではな
なってきます。

バブルの頃からは少し減ってきたようです
が、全国にある私立小、国立小も、今は昔と
違って、普通の、たくさんのご家庭がこの
学校受験にチャレンジされるようになり
た。^^

小学校受験は「親の受験」と言われます。
実質的に親が、受験するか否か、そして学校
決め、子供と親が一緒に頑張る、その頑張
方が見られるのですねぇ。
親の気合も合否に大いに関わってきます。

ただ、これもその一回の試験本番で、何が
起こるかわからないような、一日違っただ
けで合否がひっくり返るような、その日の
子供の状況によって、変わってくるものです
ので、これでうまくいかなかったからといっ
て、その家庭が否定されるようなことでもあ
りません。

世間では、子供に知識を詰め込むのはどうか
とか、無邪気に遊んでいていいはずの時期に
勉強させられる子供がかわいそう、などとさ
まざま意見があるようですが、本当は、本来
遊びの中から得られるものも多く、これを活
かせば親子で、一生のうちで忘れられない
ような、貴重な素晴らしい体験ができるのも
確かなんです。

学校は、そうやって笑顔で親子ともに生き生
きと育ち、さまざまな生きた学習や体験をし
てきた子供が欲しいのですね。
(倍率の高い学校に限らず、まさに競争です
ので、のんびり母親と豊かな体験を重ねると
いかないと思われることもあるかと思いま
が、これが本当のところだと思うのです。)
(^^)
小学校受験の出題は、確かに大人の固い頭に
は難解なものかもしれませんが、柔らかい子
供の頭には、パズルのように楽しんで答える
ことができるようなものや、絵本を普段から
読んで、物語の情景を想像するのが好きな
子は、なかなか楽しんでできる問題だったり
します。
あとは普段の生活習慣が問われます。普段の
生活習慣というのは、正解となるものは、本
当にそのように過ごせていれば子供の知力、
心にとても良い環境となるようなことなので
すね。
ですから個人的には、小学校受験というのは
ポジティブに向き合えるのであれば、国立や
私立含めて、やってみようと思われる場合に
はチャレンジしてみていいと思っています。
(私は、塾や学校サイドの者ではありません。^^)

この直前の時期は、母親にかかってくる精神
的負担は大変大きなものとなり、普段は優し
お母さんが、とっても怖い顔になってしまう
ことがあります。
本番が近づくにつれ、平常心を保つことが難
しい状況にもなってきます。

自分でも気づいていない場合がありますが、
子供はお母さんの笑顔が見たくて、塾の先生
は厳しくても、お母さんに褒めて欲しくて
張っています。よほど大人びた子供でも、
自分のために頑張っているケースは本当に
少数だと思うのです。
でも、お母さんの顔は、これまでにないほど
怖い顔になる。子供の手の上げ下ろしに神経
質になってしまう。

「どうしてこんなことができない・・・!」
と思いたくなる。
優しくしたいのにできない。
子供との関係がうまくいかなければ、
抱っこしたいのにそれもできない。
身体が動かない。
・・・辛いですね、本当に。
自分との戦いになるんです。

お母さんは、倍率の高い学校も受けているし
お友達の合否も気になるし、失敗したら・・
との底知れぬ恐怖感に苛まれます。
しかも、うまくいかなかったときのことを想
像すれば、自分の教育、方針が問われるだけ
に、自分自身が否定されたような気がして、
さらに悲しくて辛くて、思わぬところでお子
さんやご主人に厳しくなってしまう、そんな
悪循環に陥ってしまうケースもあるんです。

今、極限まで頑張られているのだと思いま
す。でも、お子さんも、お母さんが大好きだ
から、笑顔が見たいから、一生懸命です。
^^
そして、学校が子供を、家庭を選ぶと考えま
すが、魂レベルでは、子供が自分でその
環境を選んでいます。
自分の魂の成長のために。

どこになってもその子の、そして母親の最高
の学びとなります。
最後のがんばりどころです。
笑顔でいることに、がんばってみましょう
か。二人で。
(敢えて父親を入れていませんが、三人なら
なお良いですね。^^)

生まれたときは、生まれてきてくれただけで
喜びだったんですもの。
「そこにいてくれてありがとう。
一緒に、やるだけやろう。」
そんな気持ちを心の隅に置いて、一週間を
がんばれればいいと思うんです。
大丈夫です。
決して気休めではないのです。

[すべてうまくいく。]

そのことを、うまくいったときのことを、光と
ともに嬉しい気持ちとともに、明確にイメー
ジしてみましょう。

今の時期に、本番を控えられた方がこんな
ブログをご覧になる心境にはそうそうならな
と思うのですが、もしも、ご覧になられて
いる方いらしたら、お辛い気持ちに耐え
られなくなりそうな方がいらしたら、また、
2~3年後に向けてご準備をなさっている
方がいらっしゃれば、なんらかのご参考に
なるかもしれない。
そんな気持ちで書いてみました。

子供にとっても、自分にとっても、これが
人生のすべてではありませんし、これで
一生が決まるわけでもないんです。

そして、心の持ち方一つで、最高の経験に
なるんです。

心から・・・応援していますね。
----------------------------------

今日もお越しくださり、
本当にありがとうございました(^^)
明日も皆さまに、素晴らしい出来事が
たくさん起こります(^^)

ありがとうございます。 感謝します…。
では、また…
:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:
林 真弓子



====================
====================

by mayuchin_sp | 2014-10-30 23:59 | 〔記事〕スピリチュアル | Comments(0)

林 真弓子(はやしまゆこ)2.15生まれ◆ある人がこの世を去ったことがきっかけとなり霊的感覚が開き、目に見えない力に導かれるように霊視によるヒーリングを行うこととなり、現在に至ります。◆ここに訪れてくださる皆様の心(魂)が穏やかな光に包まれますように。日々の“気付き”を楽しくつぶやいています。


by 林真弓子(MAYUCHIN)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31