〔スピリチュアル〕3.心の持ち方

産んだら子育て、そして…。~できない、から、できるへ。~

b0298740_13234642.jpg


先日は、赤ちゃんのお話でした。

出産の物語は、子どもの数だけあると聞いたことがあります。

それほど産む人、生まれる子ごとに状況が違ってきます。

私も、ここに書くのを躊躇してしまうような恥ずかしい出産話があります。(^_^;)
いつか、躊躇しない年齢になったら(笑)ご紹介したいと思います。

もし、お会いしたり、直接お電話等でお話しできる機会があるときには聞いてみてくださいね。
いつでも話します。(笑)

さて、次は…子育てのお話をちょっとだけ…。(^_^)

産んで、次は、育てていくわけですが、そのとき私は職場ではなく、自宅で仕事をしていたのです。
パソコンで仕事ですねぇ。

子どもは?
オンブして。

それが1番楽なんです。

オンブ紐も、年々進化していますねぇ。
肩や腰をしっかりサポートして、楽に抱っこしたりオンブしたりできるようになっています。

私の時には、それこそ最初の子の時には、昭和のオンブ紐。因みに平成ですよ?産んだのは。(笑)
抱っこひももあったのですが、どうも子どもの重みで肩や腰に来るんですねぇ。

なので、昭和のオンブ紐(ただのヒモとも言います。昭和以前、と言ったほうが正しいですねぇ。)。
それが楽だったんです。

それでシャキッとオンブするわけで、その姿でパソコンに向かいます。
シャキッとするのは、やっぱり2人の身体がヒモで密着するから。

オンブしている、というよりも括り付けている、というような感じで、一体感があるんです。
隙間がないので肩や腰に負担がかかりにくいのだと思います。

パソコン打つぞ。
仕事するぞ。

で、座る。

最初はいいんです。
大人しいのですが、だんだん後ろでモゾモゾしだします。

つまらないですものねぇ。

景色は変わらないですし、前を向けば母の背中だし。

なのでモゾモゾモゾモゾ。
で、それでもガマンしてパソコンを打っていると…、

立つ。

立ちます。
椅子の上、オンブ紐の中です。
で、縄抜け開始です。

抜けられたらもう、仕事になりませんから、子どもが立てないように私も立つ。(笑)
立ってパソコンです。

子どもは景色が変わりましたから、足をバタバタさせて喜んでいます。

ないですよねぇ。
オンブして、立ったままキーを叩いてる。

さすがに10分もすると腰が持たなくなって、降ろして絵本を読み始めます。

子どもの勝ち、です。(笑)

そんなわけで、仕事を諦めてずっと絵本を読んでいたわけですが、子どもは同じものを何回も読んでもらいたがるのですねぇ。

読むたびに違う発見があったり、読む声と絵の感じを楽しんでいるのかもしれません。
1冊を10回、10冊ぐらい読まされまして、1日に100冊ペースで読むことになりました。

結局、子どもが寝ている間しか仕事になりませんでした。(笑)

いつ仕事をするのかって…。
…夜中です。(T^T)

元気ですよねぇ。(^v^)
若いってすばらしい。(笑)

子どもは絵本が大好きですねぇ。

オモチャも良いですが、絵本は飽きないようです。
100回読んでも飽きない。

それで次の日もおんなじ本を読めとリクエストしてきます。

b0298740_13272243.jpg

ちょっと大きくなると、これを自分でやるようになります。

もちろん読んであげるのが基本なのですが、自分でもパラパラめくるようになります。

めくるのはとっても速いです。

同じ本を何度かよんだら、この速さで読みます。
それでないと飽きてしまうのですねぇ。

子どもの脳ってすごいです。

…ということで、電車の中でも絵本さえあれば静かに座っていますので、楽なのです。

私にとっては、“魔法の絵本”でしたねぇ。
絵本とおっぱいは、どんなにぐずっていてもおとなしくなってくれます。(笑)
子育ての神器のひとつでした。(笑)

さて、子どもが起きていると仕事ができないというところに話を戻しまして…。

ここで少しスピリチュアル要素が入ってくるのですが、

子どもが後ろで立ち上がったとき、
「あー、もー、できない!」
に意識を集中したくなりますねぇ。

どんなことでもそうなのですが、
「できない」
に意識を向け始めると、いろんなことがうまくいかなくなったりします。

そんなとき頭の中にあるのは、
「子どもがいるからできない」
とか、
「お金がないからできない」
とか、
「時間がないからできない」
とか。
できない理由ばかりなんです。

“できない理由”に意識を向けると、その瞬間に「できない」という“想い”を宇宙さんに飛ばします。
この世では“想い”が現実化しますので、
「できない」
に、
「あー!もー!」
までくっつけて、
「できないよー!」
と、できない現実を願ってしまいます。

イライラもしますねぇ。
イライラは怒りですから、マイナスのエネルギーを放射します。
そうすると、“波長の法則”により、面白くない出来事や、そんな人が寄ってくることになります。

いやですよねぇ。

だから、何かうまくいかないことが起きてきたときには、まず、「できない」理由を探すのではなく、
「できる」理由を探しに行きましょうか。(^_^)b

「これができたら、できるな。」(ニヤリ)
というようにです。

例えば、それが絵本100冊はちょっとしんどいかもしれませんけれども(笑)、
それも、自分の読む絵本を一生懸命に目をキラキラさせながら聞いている子どもを見るのは、
これはこれで幸せな時間でもありますね。
(早く寝ろ~、寝ろ~、と思いながら…(笑))

どうせなら、「できるぞ」(ニヤリ)を宇宙さんに飛ばしたほうがいいんです。

「できるぞ」と思った瞬間から、あなたの矢印は「できる」に向かいます。
そしてあなたには、できるのです。

もちろん私も。(笑)

がんばります。

今日も幸せです。
すべてに感謝します。


☆彡☆彡☆彡
林真弓子のホームページ(PC、スマホ版)は
こちらから。(^^)

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*
■■林真弓子へのお問い合わせフォーム■■
上記フォームよりお問い合わせいただきま
したら、私、林真弓子よりご連絡をさせてい
ただきます。
ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽
にお問い合わせくださいませ。
☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*

今日もお越しくださり、本当にありがとう
ございます。(^^)
明日も皆さまに、素晴らしい出来事が
たくさん起こります(^^)

ありがとうございます。 感謝します…。
では、また…
:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:
林 真弓子


====================





トラックバックURL : http://mayuchin39.exblog.jp/tb/26984002
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mayuchin_sp | 2017-07-12 13:17 | 〔スピリチュアル〕3.心の持ち方 | Trackback

林 真弓子(はやしまゆこ)2.15生まれ◆ある人がこの世を去ったことがきっかけとなり霊的感覚が開き、目に見えない力に導かれるように霊視によるヒーリングを行うこととなり、現在に至ります。◆ここに訪れてくださる皆様の心(魂)が穏やかな光に包まれますように。日々の“気付き”を楽しくつぶやいています。


by 林真弓子(MAYUCHIN)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31