〔スピリチュアル〕6.恋愛、ツイン

ツインソウル(ツインレイ)~統合のステージについて(自らを委ねた先にあるもの)~

b0298740_17243182.jpg

(昨日の続きです。)

以前、〔ツインソウルの出会い〕に関する記事でも書いたのですけれども、ツインソウル(ツインレイ)のお相手は、“自分そのもの”であり、そして、自分たちが探して出会うようなものではなく、多くの転生の末に高次の存在の采配により、なかば強制的に“出会わされる”ものだと私は認識しています。

そして一方、“赤い糸で結ばれた運命の人”とこの世で言われている関係というのは、これもまた以前の記事でも触れましたが、大変深いソウルメイトであり、近い波長を持ち、多くの問題集を2人で一緒に同じ方向を向いて共に乗り越えていく関係で、大変良い関係を維持しつつ、共に穏やかな幸せな人生を送ることが多いようです。

素敵ですねぇ…。

ツインソウル(ツインレイ)の場合には、同じ方向を一緒に向こうと思ったとしても、おそらく、そもそもそれぞれの学びが大きいものですので、なかなかそうはいきません。

そのそれぞれの学びをそれぞれが、自分の力で越えたうえで、初めて同じ方向を向く。

統合とは、魂のゴールではなく、次の段階のスタートラインに立つような、そんなことのように思えてならないのです。

しかも、今世でツインソウルに出会ったすべての魂が、この世で“生きているうちに”統合に至るとは限らないのではないか、とも思っています。

ツインソウルの統合は、昨日の文章でも触れましたように、あくまでも魂レベルでのお話ですけれども、この世での着ぐるみ的な学びの方向や我欲の手放し方など、さまざまなプロセスの過程であらぬ方向に流れてしまう魂もあるのではないかと思うのです。

では、例えばツインソウルならばどうするのか、統合に至るということをどう捉えて生きれば良いのか、ということについてですが、やはり自らのすべてを明け渡し、宇宙に委ねることであろうと今は思っています。

これは、決して自分の考えや行為、その他すべてを自分で行わない、ということではありません。110.png

ツインに限らず、私たちの考えや行為などによって、後に起きてくる出来事には、宇宙の法則が作用しています。

また、今世で私たちが行う役目などに導かれるようなこともあります。

委ねるということは、これに妙な抵抗をしない、ということなのです。

ツインソウルという存在について、その起きる出来事や向かう方向、意味などについて、いろいろと難しく考える時期もありましたが、結局はこんなシンプルなところに戻ってきました。110.png

宇宙に自らの人生を委ね、
我欲を手放し、
目の前のすべてのものを穏やかに冷静に見つめ、
同時に内なる感性や霊性を高め、
すべてに愛を持って生きる。

その先に統合のステージがあるのではないかと思うのです。

ツインソウル(ツインレイ)という関係は、出会いたいと思って出会うものでも、統合を求めて追うものでもなく、ましてや追って得られるものでもないと思っています。(統合を求めたいのは魂そのもの(愛)であり、私たちの“気持ち”といった表層にある想いのレベルの話ではないと、そのように考えています。)

出会いの際にはふたりを強力に引きつける磁石のような波動があり、エネルギー交流が頻繁に絶え間なく起きます。

それは、自分の意識に関わらず訪れるもので、それまでの人生で体験したことのないような、五感を越えた感覚として経験させられます。

その感覚の捉え方によっては、その波動そのものが大変なストレスとなり、身体や精神状態に影響してくる可能性もあります。

また、ツインであれば必ず離れると言われている分離のステージでは、実に不可解な、かつ何をしても離れざるを得ないような出来事が絶妙なタイミングで起きてきます。

これについても、何かをしたとか、しないなどといった人の“考え”の範疇にあるものではありません。
しかも多角的に同時進行で、強引に別離に導かれ、ランナーはその場所(関係)から離れずにはいられない状況になります。

そこは、人間の頭で考えられるような想像や推測が可能な範囲のことではなく、まるで出産や死に向かうような、魂が認識している何か、といったような宇宙の意識が働いている、そのような領域のお話だと思うのです。

ですから、統合ということは、例えば“早く統合したい”、とか、“統合に向かうためにはお相手に何をしたらいいのか”というようなレベルの話ではないのですねぇ…。

そして、どのように双方がそれぞれごとに必要な問題集を順調に解きながら愛を学んでいくのか、自分以外のさまざまな存在へ与える“愛”をつきつめていくのか、その遥か先にあるのが“統合”なのではないかと思っています。


さて、ツインの統合についてはここまでなのですが、最後にこれらの目に見えない“想いの世界”に触れる、ということについてお話したいことがあるのです。116.png

ツインソウルという関係やスピリチュアルということについて、私たちがこれらについて考えたり、意識したりするとき、感覚的にも霊的にも普段と違う状態になることもありますし、さまざまな想いや目に見えないエネルギーに触れることにもなります。ですから、これらについて何かを考えたり語ろうとするときには、普段よりも注意が必要だ、ということなのです。107.png

このブログでも何度か触れましたが、精神世界への興味を持つ入口になりやすい“スピリチュアル”や“ツインソウル”というテーマに入っていくときには、いつもよりも意識的に地に足をつけ、自分の意識がある場所を冷静に俯瞰して見ることを心掛けるようにしましょう。

私たちが想いの世界に入っていこうとするとき、私たちの霊的な感覚は少し開きます。そして、ちょっと無防備な状態になるのですが、さまざまな低次の存在は、そんなときの私たちの心の闇、心の隙間を突いてこようとするからなのです。154.png

スピリチュアルな世界に意識を向けたら、次にはきちんと目の前の“今”に意識を戻すことが大切なんです。地に足をつけ、目の前のものをしっかり見て、そして、良い気分を維持することです。そうすれば大丈夫、何も心配はいりません。110.png

私たちが学ぶ愛のお相手は、すぐ近くにいるかもしれません。

そんな存在を見逃さないためにも、そして、いつも私たちのそばにいてくれる大切なソウルメイトたちの存在が見えなくなってしまわないためにも、スピリチュアルな世界と現実世界とのバランスを上手にとってみましょうか。173.png

また長くなってしまいましたねぇ…。
このあたりで終わりにしますね…。

今日もここに訪れてくださり、
また、最後まで私の拙い呟きにお付き合いくださり、本当にありがとうございます。

あなたとのこのご縁に、心より感謝いたします。

☆彡☆彡☆彡
林真弓子のホームページ(PC、スマホ版)は
こちらから。(^^)

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*
■■林真弓子へのお問い合わせフォーム■■
上記フォームよりお問い合わせいただきま
したら、私、林真弓子よりご連絡をさせてい
ただきます。
ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽
にお問い合わせくださいませ。
☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*

今日もお越しくださり、本当にありがとう
ございます。(^^)
明日も皆さまに、素晴らしい出来事が
たくさん起こります(^^)

ありがとうございます。 感謝します…。
では、また…
:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:
林 真弓子


====================





トラックバックURL : http://mayuchin39.exblog.jp/tb/26940904
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mayuchin_sp | 2017-06-21 13:30 | 〔スピリチュアル〕6.恋愛、ツイン | Trackback

林 真弓子(はやしまゆこ)2.15生まれ◆ある人がこの世を去ったことがきっかけとなり霊的感覚が開き、目に見えない力に導かれるように霊視によるヒーリングを行うこととなり、現在に至ります。◆ここに訪れてくださる皆様の心(魂)が穏やかな光に包まれますように。日々の“気付き”を楽しくつぶやいています。


by 林真弓子(MAYUCHIN)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31