〔スピリチュアル〕1.想いの世界・法則

罪悪感を手放すには。~幸せになっていいんです。(^^)~

b0298740_18474393.jpg
例えば、人の心を傷つけてしまった。
本当はそんなつもりじゃなかった。

あんなことをしなければ良かった。
私が悪かった。

罪悪感とは、自分がしたことに対して、何ら
かの罪の意識を感じることを指しますね。

良くない想いや行動に対して、この世の法則
(因果の法則)は、それと同等の出来事をき
ちんと返してくれます。
この、罪悪感も、そのひとつだということが
できると思うんです。

本来、

「こういうことをしてはいけないんだ」

ということに気づいて、

「もう二度とやらないようにしよう」

そう心から思えたら、これで因果は消えるの
ですね。
それをいつまでも持ち続けて、自分を責め続
け、自分を許すことができなくなることがあ
ります。

また、自分は悪いことをしていないはずなの
に、ちょっとした他人の言動が気になって、
自分を責めてしまうこともあります。

「私が悪いんだ…。」

そうなると、罪の意識から、自分が幸せにな
ることすら許すことができず、その幸せを受
け取る準備をすることができません。
笑うこともできず、楽しむこともできず、た
だ辛い感情だけが残ります。

これは良くない状況ですねぇ。
〜できず、というところを〜できる、に変えたいものです。(^^)

さて、どうして罪悪感を感じるのでしょう。

何か相手にしたことについて、相手の表情が
不愉快そうに見えた。
何かを相手から言われた。
相手が自分の言動がもとで落ち込んでしまっ
た。

“相手”の価値観、“相手”の感じ方が自分
を縛っているのです。
人の気持ちは、人それぞれであり、また、そ
の相手の感じ方もその時々によって変わって
くる。
そんなものなのです。
それに縛られて、自分を責め続ける必要はな
いんです。

明らかに失礼なことをしてしまったのなら、
心から謝ればOKなんです。(^^)

そうしたら、もう自分を許していいんです。
自分を責める理由はもうないんですもの。
(^^)

こう自分に言ってみましょうか。(^^)

「私は、私が幸せになることを許可します。」
「私は、私自身を許すことを許可します。」

ね、今までいっぱい考えました。

いっぱい自分を責めました。

そんなことを学ぶ、そんな想いを味わってみ
る、魂の成長のためのチャンスだったんで
す。
生まれてくる前に自分で決めてきた問題集で
す。
大丈夫、クリアしていきますよ。(^^)

私たちは幸せになるために生まれてきたんで
す。
あとは、幸せを受け取る準備をしましょう。

今度は、そんな自分をいっぱい“褒める”番
なんです。(^^)

幸せを受け取る準備は、まず、

・自分を許して、
・笑顔を作って、
・自分を褒める。

他人のためでなくて、自分のために、です。
(^^)b

それだけなんです。(^^)

心から応援していますね。

今日も明日も幸せです。
すべてに感謝します。

☆彡☆彡☆彡
林真弓子のホームページ(PC、スマホ版)は
こちらから。(^^)

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*
■■林真弓子へのお問い合わせフォーム■■

上記フォームよりお問い合わせいただきま
したら、私、林真弓子よりご連絡をさせてい
ただきます。
ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽
にお問い合わせくださいませ。
☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*

今日もお越しくださり、本当にありがとう
ございます。(^^)
明日も皆さまに、素晴らしい出来事が
たくさん起こります(^^)

ありがとうございます。 感謝します…。
では、また…
:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:
林 真弓子




====================
====================

トラックバックURL : http://mayuchin39.exblog.jp/tb/24741209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mayuchin_sp | 2015-07-30 18:41 | 〔スピリチュアル〕1.想いの世界・法則 | Trackback

林 真弓子(はやしまゆこ)2.15生まれ◆ある人がこの世を去ったことがきっかけとなり霊的感覚が開き、目に見えない力に導かれるように霊視によるヒーリングを行うこととなり、現在に至ります。◆ここに訪れてくださる皆様の心(魂)が穏やかな光に包まれますように。日々の“気付き”を楽しくつぶやいています。


by 林真弓子(MAYUCHIN)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31